毛穴に汚れはどうして溜まる・・?

毛穴に汚れが詰るのはどうしてなのでしょうか。その理由としては色々なものが考えられますが、まずは「皮脂の多さ」をあげることが出来ます。皮脂が多いと角栓を作ってしまう原因となり、毛穴が詰りやすくなります。皮脂を多く分泌するのは、「脂性肌」の人ですが、実は「脂性肌」だけでなく「乾燥肌」の人も皮脂が多く分泌されています。

 

これは何故かというと、肌は乾燥すると、その乾燥から肌を守ろうとして皮脂を過剰に分泌させてしまいます。その結果、毛穴が詰ってしまうというわけです。また、古くなった角質やファンデーションなどの汚れなどが毛穴に詰ることがあります。通常肌の状態が整っていると、古くなった角質は肌のターンオーバーによって自然と剥がれ落ちるのですが、ターンオーバーが乱れてしまっていると角質はどんどん堆積してしまい、毛穴を塞いでしまい、詰ってしまいます。また、取り切れなかったファンデーションなどのメイクアップ用品も毛穴に汚れが詰る原因です。

 

毛穴の汚れを取る洗顔料はコレ!

1位どろあわわ

どろあわわ

どろあわわは、2つの泥の力を最大限に利用して毛穴の汚れを取ってくれる洗顔料です。その2つの泥とは、沖縄産のマリンシルトと、天然ベントナイト。髪の毛の16分の1以下という非常に細かい微粒子が、毛穴の奥にまで入り込み、泥の吸着力を使ってしっかりと落としてくれる効果のある洗顔料です。マリンシルトは沖縄では古くから美容泥として使用されてきた泥で、汚れの吸着力が非常に高い泥です。ベントナイトにも汚れを洗浄してくれる効果があり、この2つの吸着力を使ってどろあわわは毛穴の汚れを根こそぎ取っていってくれますし、その後に保湿成分でしっかり毛穴を閉じてくれるので、効果が持続します。実際に使ってみました→どろあわわ

 

2位 肌ナチュール

肌ナチュール

肌ナチュールは、炭酸の力で毛穴の汚れをすっきり取ってくれる効果のある洗顔料です。炭酸美容液が配合された肌ナチュールでは、洗顔時にごしごしこする必要はなく、優しくこすってあげるだけで、炭酸のシュワシュワとした力で毛穴の汚れを浮き上がらせて汚れを落としてくれます。ですから、肌を傷めることなく、綺麗にすっきりとした毛穴を手に入れられるのです。肌の上に置くことで泡がとろけて美容液状になり、その美容液に溶け込んでいる高濃度炭酸が汚れをしっかりと吸着、浮き上がらせてくれます。

 

3位 VCOマイルドソープ

VCOマイルドソープ

毛穴汚れがなくて透明感のある肌といえば、思い出すのが赤ちゃんのような肌ですね。どこまでも透き通るような赤ちゃんの肌は、理想の肌ですが、その肌の秘密は母乳にあると考えて開発されたのが、このVCOマイルドソープです。毛穴の汚れを落としてくれるのは、キメの細かい泡です。古い角質や汚れなどが詰った毛穴に入り込むことで、汚れを落としてくれるのですが、汚れをとるだけじゃなく、必要な皮脂は残してくれるので、皮脂がたりなくなって、新たに分泌されて毛穴が詰る、ということもありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ